もう騒音に悩まない!防音対策に役立ってくれる防音パネルのミニ知識を紹介

このサイトは防音対策に役立ってくれる、防音パネルのミニ知識をご紹介しています。
周囲の音に悩みがある場合でも、防音効果のあるパネルを導入すればもう騒音に悩まないで済む可能性があります。
防音用パネルを設置するべき条件と環境に関しても、このサイトで解説しています。
さらにマンションやアパートの騒音用対策には防音向けパネルが必須だともいえますので、集合住宅に住む人たちが知っておきたい情報を解説してもいるサイトです。

もう騒音に悩まない!防音対策に役立ってくれる防音パネルのミニ知識を紹介

マンションやアパートなどの集合住宅に暮らしていると、周囲の騒音に悩まされることもあるのではないでしょうか。
そのような時にミニ知識として知っておきたいのが防音パネルです。
防音パネルには様々な製品がありますが、比較的手頃な価格で販売されているシート状のものは一般家庭でも簡単に設置することができます。
はさみでカットすることが出来るタイプも売られています。
とはいえ一般的には値段が高い防音パネルの方が性能が優れていることが多いです。

防音パネルとは騒音対策用のパネル

防音パネルとは、騒音対策をしたい人たちにとって便利な製品のことです。
マンションやアパートに住んでいて、隣の部屋から漏れてくる物音や話し声などがうるさいと感じている場合、これを取り付けることで騒音を小さくして、気にならないレベルに変えられることが期待できます。
防音パネルとはどんな素材でできている物かと言うと、それはメーカーによって異なります。
防音パネルと称して販売されている物には、ポリエステル繊維を加工して作ったフェルトのボードや、グラスウールと遮音性能があるシートを組み合わせている壁材など色々なタイプがあるのが特徴です。
素材はメーカーごとに違いがある場合がありますが、基本的に音を吸収する性能によって不快な騒音を軽減することが期待できるのがこのような製品の魅力です。
騒音対策には様々なやり方がありますが、防音パネルには自分で取り付けができるタイプも多いため、手軽な方法で騒音問題の解決を目指したい人は試してみる価値があると言えるでしょう。

防音パネルは野外や屋外でも使用できる

防音対策として手軽に導入できる製品の一つに「防音パネル」があります。
防音パネルの特徴の一つにパネル一つ一つが独立しているため、屋内・屋外共に持ち運びが簡単に行えて、どこにでも設置して利用することができるメリットがあります。
必要なパネルを自身で持ち運びすることができれば、専用業者に依頼する必要がなく設置から撤収までスムーズに行え、特別な工事を行う必要がないため費用の面でも非常に安く上がることもメリットの一つです。
使い方は非常に簡単で室内で壁に貼り付けて使用すれば、音場的にも良い環境を作ることが可能で、長時間演奏をしていても疲れにくくなります。
10畳の部屋には7枚のパネルを取り付けたり、さらに高い防音効果を希望するなら枚数を増やすことで効果をアップさせることができます。
屋外用には施工性に優れ軽度の騒音対策に適した軽量タイプや、振動を抑えて低周波音の抑制に効果的なタイプ、騒音のひどい場所に向いているハイグレードタイプなど、設置する場所に応じて騒音対策が行える専用パネルを設置することが可能です。

室内で使用されている防音パネルの種類

防音パネルとは名前の通り音を吸収するパネルの事を指します。
パネル内に音が入ると中にある吸音素材とぶつかり摩擦が生じて、音を軽減させる仕組みになっているものを言います。
種類によって使っている素材や表層材が異なることから性能にも違いが生じ、壁やパーテーションなどに簡単に貼る事ができるのでオフィスや学校、家の中にでも設置されるようになりました。
音の反響が気になる空間の雰囲気に合わせてカラーやデザインを選ぶのが良いと思います。
また様々なカラーの防音パネルを組み合わせて室内の壁面をデザインするのも良く、保温断熱性効果のあるものもあるため用途に合わせて選べるのではないでしょうか。
オフィス空間ではパソコンやFAXやコピー機などのOA機器の音が気になったりテレビ会議のヒアリングで相手の声が聞き取りにくかったりすればパネルを取り付け、会議をはじめ社内でのコミュニケーションをスムーズにさせ仕事の効率を上げさせる事ができます。

防音パネルにはどんな素材が使われている?

室内の騒音対策として手軽に設置できると注目されているのが、壁などに直接取り付ける「防音パネル」です。
現在取り扱いされている防音パネルには様々な種類があり、メーカーや商品の違いによって熱さや素材は様々です。
主に金属や木材、コンクリートなど複数の材料を組み合わせて作られており、パネルの厚さは約20~150mmと用途に合わせて様々なタイプがあります。
通気性のない硬質の素材で構成されたものや多孔質の材料やスポンジなど吸音材と呼ばれるパネル状にした製品もあり、このタイプは表面に吸音材が使用され、背面部分には合板が使用されている特徴があります。
吸音の仕組みとしては、多孔質な材料に音が入り込むことでその中で音が大きく拡散されることで空気振動が直接内部の気泡部分の空気に伝わります。
その際に気泡の面では空気の年生摩擦が生じ、音のエネルギーの一部が熱のエネルギーに変換され、反射音が小さくなります。
このように空気の動きに対する抵抗によって、振動が減衰し音を小さくする目的でこの材料が使用されます。

著者:戸沢安雄

筆者プロフィール

静岡県沼津市生まれ。
地元で工務店を経営し、数多くの家の防音対策に取り組む。
今回は防音パネルについて記事をまとめました。
防音パネル